転勤してきた上司と出張中にSEXした話

転勤してきた上司と出張中にSEXした話

桃色箱

桃色箱 >> エロ話詰め合わせ >> 転勤してきた上司と出張中にSEXした話




転勤してきた上司とセックスして帰ってきました。お互い既婚、私24、彼は40。
きっかけは二人きりの日帰り出張。
そのときはエロ話に花が咲いて、お互い若干興奮気味の状態で
「今度時間が会ったら会いましょう」 と約束しました。

仕事が終わったのが遅かったこともあってその日は何もせず終わり。
それから、年末に初めてデート>エッチして、今回が二回目のデート。
頭からつま先まで服も下着も新調して、準備万端で仕事後に待ち合わせ場所へ。


彼の車に乗り込んで、これから御飯かな?と思ったら
「腹減ってないだろ?飯より先ホテル行くぞ〜」
と、そのままラブホへ直行。
彼が持ち込んだお酒を飲んで、仕事の話やお互いの家庭の話なんかをしてた。

ふと、彼が私の髪に手を触れてきて。
「あ、お前風呂はいったの?」と。 私は職場の煙草臭い匂いがイヤで、仕事後に
即シャワーを浴びたので、うん、と頷いた。

そこから無言でキス。シャワー浴びてきたってヤル気満々みたいじゃん、
と自分でちょっと内心照れつつキスに応える。

ストッキング越しに太ももを撫でられ、ワレメに指を這わせて、、
唇は離してくれない。 もう一方の手で胸を揉み始めて、嗚呼、濡れちゃう、、
と思ったところで彼が動作を止めた。

「シャワー浴びさせて」
そう言ってシャワーを浴びに行った。 私はお預けをさせられた犬みたいな心境で、
もんもんしながら服を脱いで彼を待った。

ブラ、パンティ、キャミの状態にしてベッドで彼を待つ。
彼は腰にバスタオルを巻いた状態でベッドに入ってきた。 そのまま、無言で覆い
かぶさるようにキスをしてくる。少しきつめに抱きしめられて、苦しくて嬉しかった。

彼の手が器用にブラを外す。キャミ越しでも数秒で外せるのがニクイところだなー
と思いつつ。 そのまま腕からブラのストラップだけ外されて、キャミをまくりあげられ
て胸が露になった。

「あー、いいなー。」
とかなんとか言いながら、私の胸を寄せて乳首を交互に愛撫する。
あまりの気持ちよさに思わず大きい声が出た。エッチ自体、年末に彼として以来、
ご無沙汰だったから。

乳首を舌で転がしながら、彼の手は胸を離れて私のアソコをパンティ越しに攻めだ
した。 クリをコリコリ、指で刺激しながら、残りの指?で下着を横にずらして濡れ具
合を確かめてくる。

「濡れてるね。」と、短く笑って下着を全て剥ぎ取った。
全裸になった私はもう、興奮していて。
「舐めたいの、お願い。」と言って彼を仰向けに寝かせて、フェラをはじめた。
おち○ちんも、念入りに舐めて吸い上げて、袋を口に含んで転がしたり。
フェラ大好きな私は、ちょっとお酒も入っていたせいもあって執拗に彼の局部を攻め
た。声にならないようなため息にも似た、あえぎ声を出しながら彼はビクビクしてる。

「うー、もうダメだ。」
そう言いながら突然上半身を起こして、私のことを押し倒してきた。
私はまだまだフェラがしたくて、やだやだ、と身をよじってまた舐めようとした。

だけど彼は相当興奮していたのか、無理矢理私を押えつけてクンニをはじめた。
べちゃべちゃぐちゃぐちゃ、凄い音がアソコから聞こえてくる。舐めたせいもあって、
相当濡れてたみたいで。

「洪水みたいになってるぞ、ここ(笑」
と、彼は笑いながら指を突っ込んできた。 突然の刺激に悲鳴のような声が出る。

彼はクリを舐めながら指で散々アソコを虐めて、いれて、いれて、と言う私の頼み
も笑って流して何度も逝かせられた。
まだダメだ、まだダメだ、と言う彼の声ばかり頭に残ってて。

私がグッタリしたころ、ようやく彼が入ってきた。
先っぽだけ入れたところで、動きを止める。
「先っぽだけでも気持ちいい?」そう言ってニヤニヤしながら私の顔を見てくる。
ちょっと入っただけなのにまた、私のエロモードはスイッチオンになってて。

「意地悪言わないで」
とちょっと拗ねながら、腰をくねらせて自ら彼のを深く入れた。
奥深く入った途端、それまで散々焦らして焦らしてゆっくり攻めてきた彼の態度が
豹変。私のお尻を抱えて腰を持ち上げるようにしながら、ガンガン突いてきた。

自然と私の身体も前後に揺れて、胸までブルブル揺れてそれが気持ちよくて、
悲鳴を上げながら喘いだ。
「気持ちいいんだろ?エロいなぁやっぱりお前は」
と、言葉でもなにやら攻めてきて、恥ずかしいやら気持ちいいやらで訳のわからな
い状態で 、もっと、もっと、と言いながら自分でも腰を振ってました。

その体位で一度逝かされてから、普通の正常位、松葉崩し、と体位を変えてから
バックへ。 最初は普通にバックでガンガン突かれてて、動物みたいに喘いでた。
それじゃ私がなかなか逝けないとわかったのか、彼は私の足を閉じるようにして、
うつ伏せにさせた。

うつ伏せに寝てる私のお尻に彼が挿してるような?感じの体位になって・・。
ぐーっと、ゆっくり奥まで入れられてため息が出そうな程気持ちよかった。
たまらず私が肘を突いて上半身を反らすように喘ぐと、待ってましたとばかりに
後ろから彼が私の胸を掴んで強く揉みだした。

深く挿入されたまま、胸を揉みながら指の間に乳首を挟むようにして、彼はゆっ
くりと腰を動かす。 さっきまでのガンガン突かれるのとは全く違った、じんわりと
した快感と彼の重さが心地よくて凄く興奮した。

そのままの体位で、後ろから首筋や肩、耳にキスをされて。
背後から彼の喘いでる声が聞こえてきて、更に興奮は高まった。

お尻の大きい私は、彼が抜く直前まで腰を引いてまた挿してくるときに、 
「ぴしゃん、ぴしゃん、」とお尻にぶつかる音が恥ずかしくて。

彼は私のそういう所もわかってて、わざと音が立つように腰を動かしてくる。
「お前の尻大きいな、恥ずかしくないのか?ん?」
みたいなことを言われて、やー、やー、としか言えない私を彼は更に攻め続ける。

言葉攻めによる恥ずかしさと、乳首とアソコの気持ちよさと、彼の喘ぎ声とで興奮
がピークに達しそうになった。

「ああああ、もうダメぇぇ」と、逝きそうになって自分でも彼に合わせて腰を動かして
たんだけど、 ホントに逝く直前になって、彼がズポっと抜いてしまった。

「なんで??」
と泣きそうになりながら振り向くと、そのまままた仰向けにされてイン。
「俺も逝きそうだから、こっちがいい」
そう言って私の胸に顔を埋めて、乳首や胸にキスしながら腰を前後に動かし始め
る。それだけで私の興奮はまた戻ってきて、あっという間に頂点に達した。

「も、、も、だめ、、」
そこからはヒューヒューと息が抜けるような音しか出なくて。
でもそのまま逝ってしまった。 彼は私が逝ったのを確かめてから、グッタリした私
の唇に濃厚なキスをしてくる。
「ああ、俺も逝くよ。中に出すよ。」

そうやって唇から彼の声が漏れたと思ったら、彼のモノがビクビクと、中で凄い反
応をして、アソコがじんわりと暖かくなったような感じがした。

その後、もう1回エッチして、その時は私が上になって彼を逝かせました。
二度目ってこともあって、1度目よりちょっと時間がかかったけど、頑張って動いて
たら逝ってくれた。 騎乗位で逝かせたのって初めてで、ちょっと感動。

御飯も食べずに2連戦だったので、最後はヘロヘロでした(笑。
今でも太ももがちょっとビクビクしてます。
それから二人でお鍋を食べて帰宅しました。


講習という名目で店長に犯された風俗嬢のエッチ体験


不倫相手の女の子に媚薬を飲ませたエロ体験


女子大生と制服コスプレエッチ体験


SNSがきっかけで憧れの先輩女性と再会、そしてSEXに至った話


家に帰ってきたら嫁の喘ぎ声が聞こえた話


超絶な2人の美人をナンパしてエッチした時の体験話小説


ナンパした女子大生とのラブホで中出しエッチ体験


中出しを拒否された彼女にこっそりした中出し体験談


酒の席で妹とSEXした兄のエロ体験話


男友達とのフェラチオエッチ体験談


泥酔すると淫乱になる嫁が夫の友人たちにセクハラされていたエロ体験官能\小説


同居している処女の妹との禁断エロ体験


犬と性行為をした変態女性の獣姦エピソ\ード


美人なアラサ人妻とのエッチエピソ\ード


大学生包茎男のピンチ体験談


姉の同級生との不倫体験談


美巨乳の美人お姉さんとのセックス体験小説


清楚で可愛らしい後輩の奥さんとの不倫エッチ体験談


義兄(姉の旦那)とエッチした時の話


絶頂経験のない女の子を思いっきり絶頂へ導いたエロ体


※掲載されている作品/物語(小説/体験談)はフィクションであり、 実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。


↑ PAGE TOP