大好きな女子大生が黒人と3Pしてた話

大好きな女子大生が黒人と3Pしてた話

桃色箱

桃色箱 >> 官能小説詰め合わせ >> 大好きな女子大生が黒人と3Pしてた話




大学生の頃、俺には凄く大好きな女の子がいました。
名前はエリ。
初めてエリと出会ったのは人気の無い9人しかいない授業だった。
俺もバカだったんだけど、何を間違えたのか英語で文学を学ぶみたいな授業を取っちゃったんです。
教室に行ったら10人もいないし、そのには黒人までいるっていうクラス。
だけどそこで初めてエリと出会い、はっきりいうと一目惚れでした。

俺はエリと仲良くしたかったんだけど、エリはいつも友達と2人で固まってた。
喋るキッカケとか隙もないんだが、その代わり黒人と仲良くなっちまったんです。
ジャマイカから来たっていうリカルド。
頭は天然ドレッドだしタトゥーも入ってるジャマイカ人。
覚えてないけどリカルドの方から話し掛けてきて、1年かけて仲良くなっていったって感じ。
仲良くって言っても俺は別に・・って思ってたよ。
リカルドが勝手に俺と仲良しって思ってたんだよね。

詳しい事はよく分からないんだけど、リカルドの両親はアメリカに住んでるらしい。
日本の中流家庭以上の収入がある家庭らしく、住んでる部屋は2LDKだった
生活に困るような事も無かった彼はバイトもせず、夜な夜なフラフラ遊び歩いてたらしい。
1度だけクラブに誘われて行ったら、日本人がいない店でマジ怖かったw
だからそれ以来誘われても行かなくなって、行くのは居酒屋とか普通の店ばかり。

そんなわけでズルズルと親しくなっていって行ったわけです。
4年の夏が過ぎた頃、リカルドと2人で彼の部屋で呑んでました。
夏前に内定が出て旅行に行ってた俺は、久し振りにリカルドと会ってた。
まぁ〜そんな頻繁に遊ぶほど仲良しじゃないんだがw
その時に酔った勢いもあって、俺はエリの話をポロッとしちゃったんです。
リカルドも同じクラスだったから知ってるだろ?みたいなノリで。
そしたらさ、あぁー知ってるよ?仲良いの知らなかった?とか言い出しやがったんです。
ちょっと待てと。
今までお前に誘われて遊びに行ったりしてたけど、俺の前に連れてくるのはいつも黒人ばかりだろ?と。
人種差別とかじゃなくて好みの問題なんだが、ぶっちゃけ黒人の女に欲情なんて全くしない。
TVで山奥の民族がオッパイ出してる映像見ても興奮しないでしょ?
もっと可愛い子連れてこいよ!って怒ってたのに、実はあのエリと仲良しだったと?

リカルドがいうには、3年の時に同じクラスになったらしい。
で「前も同じだったよね?」と喋り掛けて、4年になってから遊ぶようになったって言ってた。
「実は俺あの子好きだったんだよ」と俺は勢いで言っちゃったんだが、「おぅ!カマン!」みたいな突然のテンションアゲアゲ。
立ち上がってPC触り出し、俺に「こっちこいよ」って。
なんだよ・・・・と近寄って液晶見た瞬間凍りつきましたよ。
「はっはぁー!OK?」と笑顔で俺に親指出してるリカルド。
その理由は画面に映し出された画像にありました。

なんと・・・上半身裸でオッパイ丸出しのエリが、リカルドと抱き合ってる画像だったんです。
「なんだよ!これ!!おい!なにやってんだよ!」
かなり焦った俺にリカルドは自慢げに「へぇ〜〜〜い!」とかふざけて言いながら次々と画像を出して行きました。
リカルドと裸でキスをしてる画像に始まり、乳首を舐められてる画像、遂にはオマ○コ丸出しの画像やフェラチオ画像まで。
そしてやっぱり真っ黒な肉棒が突き刺さった画像もありました。
頭が真っ白というか茫然となり、俺は何も言えずに画面を見つめていました。
その間リカルドは色々と喋り掛けてきてましたが、何を言ってたのか全く記憶にありません。

「へぃ!!!」と肩を強めに叩かれて意識が戻ったぐらい、俺は立ったまま気絶してたのかも。
もっと見たいか?と聞かれ思わず頷いた俺に、リカルドは解説付きで画像を見せて行きました。
そして遂にハメ撮り動画まで見せてくれたんです。
好きな子がセックスしてる動画なんて見たら、普通は興奮すると思うでしょ?
でも俺は真逆の反応だった。どんどん冷静になって行く感じで、萎え萎えになっていってた。
しかもリカルドのチ○コがデカ過ぎて、これを舐めたり挿れられたりしてるエリを見てるとダメだった。
黙って見てる俺の反応を、凄過ぎて声も出ないって勘違いしたリカルド。
1番のお気に入りを見せてあげるよと、動画を再生し始めた。

見慣れたカルドの寝室が映り、どうやらカメラは横にあるTV棚に置かれてたみたい。
まだ洋服を着ているエリとキスしながらイチャイチャしているリカルド。
笑いながらそこから一気に飛ばされ、次に映った時にはエリはフェラチオ中。
髪を持たれてるからチ○コを咥えてるのが丸見えで、デカ過ぎるせいか亀頭だけをチュポチュポやってた。
時々リカルドを見上げて「気ちイイ?」とか聞いてる姿に萌えたが、また飛ばされてエリが四つん這いになってた。
近付いてきたリカルドにバックから挿れられ、見た目からは想像できない卑猥な喘ぎ声をあげまくってた。

「ひゃう…あ、あ、ぃやんだめ…は…はぅん!」
「んうぅ……っ……、そ……そう……そこぉ……」
「んん……っは……、あぁ……っ……もっとっっ……」
「ちくびぃ…っ……だめ……いっ、いじ……っちゃ……だめぇえ……っ……」

ふとその時、こいつらって日本語でエッチしてるのかな?って不意に思ったんだけど、エリはバリバリ日本語だった。
リカルドは時々英語みたいな言葉を発してたけど、ほとんどがエリの喘ぎ声だった。

それよりもあのデカいイチモツがほとんど入ってるのには驚きだった。
20cm級のデカチンがバックで奥まで突き刺さってて、しかも激しく突かれて喘ぎまくりなんです。
でもね、もっと凄い驚きがその後ありました。
バックで喘ぎまくってる映像に、突然もう一人の男が出てきたんです。
カメラの前を横切って何か笑いながら喋っています。
リカルドもエリも分かっていたらしく、男が現れてもセックスをヤメようとはしてません。
喘ぎ声は無くなりましたが、「んっ!んっ・・!」と声は出てました。
そこから信じられない光景が目の前に映し出されました。

なんと新しく現れた男が服を脱ぎ出し、半勃起した長いイチモツをエリの顔に近付けたんです。
そしたら当然のように男の顔を1度見上げて、イチモツを握ったかと思ったら即フェラです。
リカルドは何事もなかったかのように、さもそれが当然の光のように後ろから腰を振ってました。
「凄いだろ?」といきなり横から言われ現実に戻されましたが、見ていた俺はほぼ半分ぐらい意識を失ってたように思います。
リカルドの早送りでその後何回か飛ばされましたが、エリと黒人との3Pはずっと続いていました。

最後まで見終わったリカルドは、「コピーするか?」と言ってきました。
「イイのか?貰っても」いうと、「今度一緒にヤル?」とまで言ってきました。
マジで?と喜んだ俺はコピーをして、エリに聞いてみると言ってたリカルドの返事を待っていました。
結局「俺なんて呼ばないで!」と拒絶されたらしいw
ハメ撮りを見せたのは秘密にしたらしいが、リカルドのせいで俺が好きなのもバレバレというねww

もう本気であの頃は悪夢だったなぁ。
マジで好きった女の子が、黒人と3Pやってるんだからねぇ。
しかもブチュブチュとキスしまくってるし、入れてたイチモツを抜くと喜んでしゃぶるしさぁ。
思った以上に巨乳だったのとパイパンにしてるのを見れたのは嬉しかったけど・・・
やっぱりそれ以上にショックだったなぁ。
学校で稀に会った時なんて、なんか俺が緊張しちゃって挨拶すらできなかった。

今でもコピーしたDVDは無くさないように、3枚ずつ複製してる。
3P断られて可哀想に思ったのか、ハメ撮りした画像も動画も全部くれたんだよね。
しかも2月の終わりまで何度もハメ撮りしてたリカルドは、そのたびにコピーさせてくれた。
誰にも言えない秘密なんだが、このハメ撮りDVDはざっと30枚近くあるw
オマ○コばっくりだし黒々としたデカブツを咥え込んでるエリ。
ちょっと前に結婚したって話を聞いたけど、普通の日本人が旦那だって言ってた。
旦那もデカチンなのかもしれないけど、昔黒人と3Pしてたなんて知ったらどうなるんだろ。
女ってマジで怖いっすねぇ。。

指名した風俗嬢が先輩の彼女だったエピソ\ード


変態プレイにはまっているOLの淫乱体験


めちゃめちゃエロい人妻と出会ってSEXしたエ体験話


同僚の40代女性社員とのエッチな体験小説


アラサーの保母さんを失神させた中出しエッチ体験小説


職場の紅一点の女子大生アルバイトちゃんとのエロ体験


小太りなおじさんとのセックスに虜になった出会い系エロ体験


母親に欲情した成人息子の禁断H体験


人妻との寝取り中出しH体験談


失禁保母さんとの出会い系エッチ体験


女子大生に無理矢理挿入したレイプ的なエロ体験


女子大生時代、ヌードモデルをきっかけに処女を喪失した話


風俗嬢を掛け持ちとしている美人OLとのSEX体験談


ジムで仲良くなった2人の人妻との中出しSEX体験談


とってもエッチな契約試験をされる女性パートたちのアダルトエピソ\ード


淫乱な我が妻のおかげで義妹の処女を貰ったエロ体験


だいぶ無防備な格好をしてた若妻とのHな体験談


タイプだった弟の嫁を寝取ったエロ体験談


大勢の友達同士で鍋してた時に隣の幼馴染といちゃいちゃしたエッチ話


女友達に亀頭責めされたエッチな体験談


※掲載されている作品/物語(小説/体験談)はフィクションであり、 実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。


↑ PAGE TOP