親友に彼氏を寝取られてしまったアダルト体験小説

親友に彼氏を寝取られてしまったアダルト体験小説

桃色箱

桃色箱 >> 官能小説詰め合わせ >> 親友に彼氏を寝取られてしまったアダルト体験小説




スペック

私:19歳、155cm、48kg、黒髪ストレートロング。

元彼:21歳、178cm、ムキムキ、黒髪。KAT-TUNの中丸君に似てる。

親友:19歳、162cm、細い、ギャル、てんちむって子に似てる。

元彼とは高1から付き合ってた。

親友とは中学からずっと仲良しだった。

私は高校入ってすぐ元彼と仲良くなって好きになったので告白した。

化粧とかしてる子嫌だってフラれたwww

清純派が好きなようだったので化粧やめて髪も巻くのとかやめてま告白した。

そんなに頑張ってくれたことが嬉しいとokもらえて交際開始。

幸せだったし本当に好きだった。

親友とは高校離れても週1でお泊り会開いて今週はこんなことがあった、今仲いい子はこんなかんじ、クラスはこんな雰囲気、と全てを話し合った。

お金預けたりお互いの携帯見るくらい信頼してた。

向こうもそうだと思ってた。

私は元々鹿だったけど、彼氏と毎日勉強して家庭教師も雇って彼氏と同じ大学に入った。

バイトにも迎えに来てくれたり彼氏は昼からの講義でも朝一緒に行ってくれたりで友達から羨ましがられるくらい優しかった。

親友は短大に進んだ。

しょっちゅううちの学食来て三人でご飯食べたり彼氏の家で飲み会してた。

飲み会はほんとに週に数回やる日もあったんだけ、家族のように信用してる二人だったから先に寝たりして、その間に二人で買い物とか行ってても何も気にしたことなかった。

で、その日もわたしがまた一番に眠くなって寝た。

ひそひそ話が聞こえて来た

親友「私ちゃん寝たよーねえ今日はだめー?」←めっちゃ甘えた感じ。

彼氏「やー、私ちゃん居るとこは無理だって」

親友「寝てるよー?」

ソゴソしたかんじのあとチュッチュ聞こえて来た。

もう心臓がバクバクして息ができないくらい苦しかった。

何が起こってるかほんとわからないし悲しいとかじゃなくて絶望。

すぐ起きてキレたらよかったとか今なら思うけどそのときはただただ辞めて辞めて!って心の中で思うだけで何もできなかった。

手とかも震えてほんとに生まれて始めてのショック。

なんかチュパチュパ聞こえるけど背中向けてるから何してるかわからないかった。

親友はいつもと全然違う声だし彼氏もめっちゃハアハアしてるしもう私はパニック。

結局何も出来なくて、二人で家から出てったからもう遠く行ったかなって頃を見計らって私は荷物もって逃げたwww

家帰ったら夜中なのにお母さん起きて来て、

「彼氏くんとこじゃなったん?こんな時間にどうしたん?」

って言われて我慢出来なくて号泣。

嗚咽出るくらい泣いた。

お母さんがコーンスープそっと置いて出てったの見てまた泣いた。

で、同じ学部の仲いい友達に電話したらこれまたこんな時間なのに出てくれてマジギレしてくれた。

「彼氏に一言言う!明日授業のこのこ来たら許さん!」

って…。

大学の友達は"親友みたいに信用出来ない"とか親友に愚痴ったことを死ぬほど後悔した。

一通り話してさすがに遅いし迷惑だな、と思いおやすみして、また泣いた。

あ、電話切ったらメールめっちゃ来てた。

「どうしたの?心配だから連絡してよー!こんな遅くに一人で外歩くなんて心配かけんなよ」

等々…。

なんか言ってやりたかったのに何も言えず、着信受信の度に息が苦しくて寝れなかった。

次の日は、電話した友達といつもより早い時間の電車で大学行った。

大学に着いてから色々話してたら過呼吸になった。

過呼吸とか甘えwwとか思ってたけどあれまじだったwwww

で私の講義全部把握してる彼氏が教室の前で待ってたwww

私を見付けて走ってくるwwwww


私動けないwww

でもすぐ友達が助けてくれた

友達「悪いけどもう私ちゃんに関わらないでくれる?」

彼氏「は?なに?昨日の今日でなんでいきなりこんなんなってんの?話もしてないけど」

なんでじゃねーよwww

友達「何でとかよー言うわ。とにかく近寄らんでくれん?私ちゃんはよ教室入って」

私は走って教室に行った。

自分じゃ何も出来ないとかダメだなあと思った。

友達には本当に感謝して。

すぐに友達も教室に来て怒られた。

友達「まだショックで何も言えんと思うけど、メールでもいいから自分で言わないとあいつも納得できんて言ってるし、私ちゃんも文句の一つ言ってやんなきゃダメだよ」

私「はい。すみません…ありがとね。ちゃんと言うよ。私も一言言ってやりたいし。」

その日も何度も親友、彼氏から連絡あったけど全部スルー

帰りは、友達がまた一緒に帰るって言ってくれたけど、私の方が終わるの遅いから待たせるのは悪いので全力で断って先に帰って貰った。

案の定駅で待ち伏せする彼氏…の隣に親友www

もう逃げたくなかったし涙目で向かった。

で、私切れた。

「信じてたのに最低!二度と関わるな糞ビッチ糞野郎」

彼氏焦って縋り付いてきた。

「違うよ。本当に違う。話聞いてください好きだからお願い云々」

親友逆ギレ。

「信じてたとかキモwwずっと前からやってたしwwwつか彼氏はお前よりあたしが好きなんだよ云々」

二人とも叫ぶし大学最寄り駅で目立つし恥ずかしいし、この二人の話し聞いてたら怒りでどうかなりそうだったから電車乗って逃げようとした。

そしたら

→彼氏走って追いかけてきて電乗ろうとする

→親友が彼氏に掴みかかる

→彼氏電車乗れない

→電車出発

→親友殴られてる

→私帰宅

またずっと連絡あったんだけど無視してた。

家に来たりもしたけどお母さんは私が傷付けられたと思ったようでキレて追い返してた。

今でも大学では待ち伏せ&授業ついてくるとかあって逃げまくってます。

携帯は買えたから連絡は無くなったけど、地元では親友に都合良い様に話変えられて噂流されるし色々辛いです。

不倫相手とのアナルエッチ話


19歳処女を頂いたエロ体験エピソ\ード


童貞・処女カップルの初夜の出来事体験談


爆乳お姉ちゃんとの避妊せずのSEX体験談


職場の同僚である妊娠中女性とのエロ体験


彼女と温泉旅行→が、そこで出会ったお姉さんたちと3Pした話


初めてのレズ&潮吹きプレイ体験談


女友達の夜這いに失敗するも、手コキしてもらった体験談


友人に元カノのハメ撮りDVDを見せられた時の話


出会い系サイトで知り合った30代の綺麗な妻とのエッチ体験談


アニヲタの彼女をアナル奴隷にしたエロ体験小説


大学教授の秘書とのフェラSEX体験


変態露出女のオナニー体験


憧れの女の子との念願SEX体験談


義父にレイプされ、双子を妊娠してしまっ体験話


仲良くなった同期の女の子とラブホで一夜を共にした体験談


電車内で痴漢被害にあっていた巨乳女性とのエッチ体験談


大学のサークルの飲み会での王様ゲーム話


義父と禁断の関係になってしまった人妻のアダルト話


職場の巨乳人妻に黙って中出しした話


※掲載されている作品/物語(小説/体験談)はフィクションであり、 実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。


↑ PAGE TOP