隠れて乱交していた嘘つきの彼女浮気エロ話

隠れて乱交していた嘘つきの彼女浮気エロ話 エロ話の詰め合わせ 桃色箱


PC/携帯でもエロ話が読めるエロバナまとめブログ


エロ話の詰め合わせ 桃色箱 --> 隠れて乱交していた嘘つきの彼女浮気エロ話





記事No.676:日付(2016-04-22)
カテゴリ:エロ話

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

俺当時23歳、現在27歳。元彼女...ここでは美佐とします。当時23歳。
まずは馴れ初めから。美佐と知り合ったのは12月初めキャバクラで。友人数人と行ったんだがラスト1タイムで俺につき意気投合、見た目は全然ケバく無く色白美人でかなり天然系で天然好きな俺としてはど真ん中ストライクで即行メルアド交換してその日は帰った。

それから何度か連絡取り合ったが営業行為は全く無く、気取ったところも無くておしとやかな凄く感じの良い子。

店にも出会いの一回のみでそれから行っていない。
本人曰くそこで働いてる友人に1週間だけ手伝いに来てと言われ、前の昼の仕事をやめたばかりだったので、繋ぎのバイト感覚で始めてそのままなんとなく働いてるだけだから売り上げなんかはどうでもいいとのこと。
当たりくじ引いたぜ、とその時は思った...

出会ってから1週間で居酒屋に飲みに行った。美佐の普段着は黒のVニットに黒デニム、スウェード調のパンプスでクールな感じのお洒落さんって印象。
飲み始めたら酒が弱いらしくカクテル1杯でほろ酔い状態、しかもVニットの胸元からピンク色のセクシー系ブラと透き通るような白い肌、Cカップの胸の谷間が見えて天然キャラとのギャップに
よけいに興奮、その日に頂くことに決め早速アプローチ開始。
俺「今日、俺の家に親戚一同が泊まりに来てて帰りたくないんだよなぁ」
美佐「あたしも帰ってもすること無いし、じゃあ今日は付き合ってあげる」
俺「付き合うって言っても朝までになっちゃうよ?」
美佐「うん。良いよ!!」
その後店を出て二人でドライブ。(飲酒運転じゃねぇ-かゴルァって突っ込みは勘弁。)
しばらくドライブした後
俺「このまま朝までドライブってわけにはいかないし、かといってこの時間やってるお店も無いから宿でも行って
ゆっくり話しでもしない?」
美佐「そうだね。良いよ。」
俺(キターーーーーーー!!)
そしてホテルへ。

ベッドに「酔っ払ったー」とか言って寝転がり少し会話。そうしたら美佐が腕を組んできた。
俺「そんなことされたらHな気分になっちゃうだろ」
美佐「良いよ」と言って俺の首筋にキスしてきた。
俺(キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!)
そのままDキス。Dキスの段階で感じてるらしく吐息が激しく体をよじらせている。
そして胸へ、最初服の上から、その後服をたくし上げると透き通るような白い肌にセクシー系のピンクのブラがたまらない。
谷間に顔をうずめ、しばし胸元あたりをぺろぺろ。で、ブラをはずす。そうすると柔らかそうなパイオツこんにちわ。
しかも乳輪・チクビが綺麗なピンクでビンビンに立ってる。大きさ形も綺麗。なにより恥らう姿で我慢汁出まくり。
むさぼりつくように舐め回すと可愛い声で「あんあん」と喘ぎ
美佐「噛んで...」俺(こいつはエロだ。)

俺はチクビを優しく甘噛みしながら右手を美佐の股間に持っていくと美佐は自然とM字開脚、そのまま内モモを摩ると腰を浮かせて
よがりだす。美佐の体はビクンッ!ビクンッ!いってる。
そしてパンツの上からマ○コをさするとパンツの上からでも分かるくらいビショ濡れ。ピンクのパンツには丸い染みができてる。
パンツの中に手をゆっくり入れるとやはり大洪水状態、マ○コの形に添って撫で回すと美佐のネットリとした汁が指に絡みつく。

そして指を穴の中へ。締まりは最高!!膣が指にまとわり付く。美佐が「うっ。」と声を上げる。俺はあえて指を動かさず焦らすと
美佐は自分から腰を浮かし動かしだす。それに合わせ俺も激しくGスポットを刺激。すると、
美佐「クリもいじくってぇ。」、クリをいじくると俺の腕に美佐のマン汁がしたたり
美佐「だめぇ!!だめぇ!!いっちゃうよぅ」
プシャッ!!プシャッ!!
ビクンッビクンッ...
美佐は逝った様だ。潮を噴き頬を赤くし痙攣している。

そしてお返しにと俺のパンツをずり下ろしビンビンに勃起した俺の肉棒を咥えた。
ハム、ハム、ジュポ、ジュポ。
美佐のフェラは可もなく不可もなくといった感じでこれといったテクも無いがとても献身的で優しい人柄が出ている。
そのまま69へ。またも美佐は「クリ舐めて」と言ってきた。どうやら一番感じるらしい。
舐める度に美佐は「イヤーン」と言い俺の肉棒を握ったまま体を仰け反らせお尻を小刻みにピクつかせている。
そして、美佐「もうオチンチン入れて」と、声にもならない声でおねだりしそのまま美佐は自分から起上位で挿入。
しかも生で。

しばらく美佐は一心不乱に俺の上で腰を前後左右に動かした後また逝き、俺の上でぐったり。その状態で
俺「どんな体位が一番好きなの?」
トローンとした声で、美佐「立ちバックが一番燃えるの」
俺「どうして?」
美佐「なんか犯されてるみたいで頭おかしくなっちゃいそうになるの」

(今思えばこの時点で彼女の本性の片鱗は見えていた。そして後々に起こる事件についても...)
(しかしこの時の俺は美佐の見た目とのギャップで興奮し少しも疑念を抱くことは無かった...)

俺は美佐を抱きかかえ立たせ壁に手をつかせた。美佐は早くと言わんばかりにお尻を突き出し体をよじらせている。美佐のアソコから白濁した汁がねっとり垂れている。
俺は美佐の希望どうり少し乱暴に肉棒を美佐の蜜壷に突き刺し、両手で美佐の白く柔らかい胸を乱暴に揉み、耳元で卑猥な言葉を囁きながら力いっぱい腰を前後に動かした。

パンッパンッパンッパンッ!!
俺「おしとやかな顔してとんでもないドスケベだね。しかも付き合ってもいない男と最初のデ~トで」
美佐「いやん。スケベじゃないよぅ。あんっ、あんっ」
俺「いや、君はドスケベだよ。こんなにいやらしい汁垂らして。」
パンッパンッパンッパンッ!!
美佐「スケベじゃないもんんっ」
俺「へぇー、そっかスケベじゃないんだ!!」
俺は腰の動きをわざと止める。すると美佐は自分から腰を動かしトローンとした泣きそうな顔でこちらを振り返ってみている。

俺「あれー、スケベじゃないのに何で腰動かしてるの?」
美佐「うぅーん、意地悪ぅ」
美佐「お願い、メチャメチャにしてぇ」
パンッパンッパンッパンッ!!
俺は再び激しく腰を動かしながら耳元で囁いた
俺「ねぇ、前々からこの日に俺に抱かれるつもりでいたんだろ?あんな胸元開いた服着て胸みせて、
おまけにあんなスケベなブラ着けてきて、しかも自分から生挿入で、この淫乱女!!」
そしてフィッニシュ、俺が肉棒をヌプッと抜いた瞬間美佐は崩れ落ちるようにして座り込みその白く柔らかい胸にたっぷりぶっかけてやった。そしてその後ベットでお互い正式に付き合うという事になりその日は終わった。

それから何度か関係を重ねクリスマスも一緒に仲良く過ごした。美佐は甘え上手で少し控えめで美佐のキャバ友達曰く
お店でも自分から仕掛けなくても客が勝手に落ちるらしい。本人はノホホーンとマイペース。
その頃には俺は美佐にどっぷり惚れ込んでいた。

しかしその時は突然訪れた...
クリスマスを仲良く過ごした後、急に美佐と連絡が取れなくなった。電話をしても直ぐに留守電。美佐はキャバ仲間の
家に居候していたのだがその友人に電話をしても知らないとのこと、どうにも仕様がなくただ待つしかなかった。
俺は頭がおかしくなりそうだった。
そんなこんなで約一週間がたった頃電話が鳴った。携帯を見ると美佐からだ...

怒り口調で電話に出ると美佐はいたって冷静に「電話出れなくてごめんね。」理由を聞くと父方の祖母が倒れて急遽家族で父の実家に帰っていたらしい。
しかし発狂寸前だった俺は「ずーっと付きっ切りってわけじゃないんだから途中抜けてメールくらいできるだろ!!」
美佐「どうしてそういうこと言うの?こっちだって色々大変だったんだからね!!」
俺「いくらなんでも一週間ずーっと付きっ切りって事は無いだろう!!こっちだって急に連絡付かなくなって頭おかしくなりそうだったんだぞ。」
美佐急に泣き出す。美佐「あたしみたいな気の利かない女が彼女が疲れちゃうよね。K(俺)を傷つけたくないからしばらく距離置こう?」
俺は我に帰り「ごめん。言い過ぎた。距離置くのは嫌だ。早く会いたい。」(俺の中で美佐は良い子って思い込んでたからもうこの時点で俺は美佐の手のひらの上、美佐に完全ラリってた。)

で、2日後くらいに久々の再開。美佐「心配かけてごめんね。今度からはしっかり連絡入れるから。もうK(俺)に心配かけさせないから、天然な所も直すようにするし。」
そして仲直りの合体。だけどここで一つ少し不思議に思うことがあった。
美佐のフェラがレべルアップしてた。玉舐めてきた。しかもアナルも舐めてきた。でも俺完全美佐にラリってたのと、仲直りのSEXって事で美佐が頑張ってくれてるんだなぁと思った。

それから順調に三ヶ月が過ぎ美佐の愛を凄く感じてた。美佐から結婚したいとプロポーズされ、美佐は一生懸命に本で料理の勉強をし、アパマンで二人の同棲先も探してた。(キャバ友達の家から
出て夜関係の人間と関係をきるためでもあった。)俺はそんな美佐を信じ実家(俺は実家暮らし)に連れて行くようになり両親にも会わせた。そして美佐は夜の仕事を辞め昼のバイト(コンビニ)を始めた。
だが、何気無い日々の中で急にポっと不思議に思うことが出てきた。それは、美佐が俺の前で携帯をいじくった所をほとんど見たことが無い。着信音すら聞いたことが無い。

で、それから気になりだして
注意して見てると着信ランプが何度も光っている、普段マナーモードにしている様だ、でも何故か出ない。一回俺は「着信着てるみたいだけど出なくて平気なの?」と、聞いてみた。

佐「あっ、あっ、大丈夫。大丈夫。」明らかに動揺してた。また別の日に同じように聞いてみると。また同じリアクション。怪しいと思い「誰から?」ってきくと美佐は、
「バイト先の店長だよ。忙しかったり他のバイトが休んだりするとすぐヘルプに来てってしつこいんだよね。」
あっそうなのかと思いつつ、ふとそういえば美佐のバイト姿見たこと無いなと思い、ただ単純に驚かせようと、美佐に内緒で溜まってた有給使って5月の終わり頃平日休みを取り後日美佐のバイト先のコンビニに行ってみた。

店に入ったが美佐が見当たらず(あれ今日バイトだって言ってたのになぁ)と思いつつレジのおばちゃんに「あのぉ、美佐って今日休みですか?」
って聞いたらおばちゃん「美佐さん?今日のシフトには入ってないけど...お友達?ちょっとまって見てきてあげる。もしかしたら新人の子かもしれないから」
(新人?さすがに週5で三ヶ月この時間帯で働いてたら会ったことくらいあるだろ?)
おばちゃん帰ってくる。

「あのぉ美佐さんって人自体バイトではいないみたよぉ、お店間違ってるんじゃない?」俺「いや間違いなくここです。一回美佐のバイト時間外に一緒にここに来てここでバイトしてるって言ってましたから。」
おばちゃん「いやぁ、あたしこの時間帯に勤めて1年になるけど美佐なんて子知らないしシフトに名前が無い自体、ここにはいないよ。」
俺は愕然とした。
そしてここから一気に美佐の本性が暴かれていった。まず問い詰めたら嘘を認めた。
ここまで上手く騙されると今までのことがすべて怪しく思えてきた。そしたら出るわ出るわ。

美佐の嘘:年末父の実家に行ってたのは嘘。祖母の危篤も嘘。夜の仕事も辞めていない。
だからコンビニバイトも嘘。故にちょくちょくきてた着信も店長ではありません。
そしてGW後に美佐はまた祖母が心配だと言い1週間祖母の下へ行っていた事があったがそれも嘘。
そして夜の仕事を辞めていなかったので今までの昼の時間帯もアリバイがありません。ふぅ、よくもまぁこれだけ嘘つくよ。

で、それぞれの嘘の時何してたかと言えば浮気です。しかも居候さきのキャバ友達もやっぱりグル。年末俺が美佐と連絡取れなくてキャバ友達に電話したときも一緒に居たんだとさ。でどんな浮気かと言うと...
まず年末は居候先でキャバ友達とホストと女3対ホスト4で乱交パーティー。俺はキャバ友達の家に乗り込んで頭にげん骨かまして全部喋らした。顔を殴らなかったのは少しは良心残ってた。(本当はボコボコにしてやりたかったけど。)

キャバ友達がホストにはまっていてお気に入りのホストに頼んでイケメン3人頼んでそいつ含めて4人、女はキャバ友達と同じ店の子Cと美佐の三人。最初は楽しく飲んでいたが盛り上がってきて(まぁ最初からそのつもりだったんだろうけど...)
キャバ友達Bとしとく(書くのがメンドクなったので)とお気に入りホストがヤリ始めた、で、それ見ていたCもヤリ始めた、で、美佐は2対1になり最初は嫌がったらしいが元々Mでレ××願望ある女だから「嫌よ嫌よも好きの内」最高のシチュエーションだったんだろ。

二人に攻められ逝きまくりで上の口と下の口で3P、しかも2人とも最後は美佐の下の口で生中出しで逝ったとさ。
その後今度は相手を変えて2R突入。まぁもちろん1,2R共に大好きな立ちバックをしてもらったんだって。次の日は同じ3人で
一般人と普通の合コン(ここではやっていない)その次の日は前とは違う店のホストと3対3で乱交。ここでは1回のみらしい。で、その時の相手に言い寄られ別の日ホテルでSEX。
で俺の元へ調子よくただいま。フェラのレベルアップは最初の乱交で女3人でフェラ早逝かせ競争してその時習得。はぁ思いだすだけで鬱orz

で、コンビニバイトと嘘言ってキャバ嬢していたとき仕事終わりに馬鹿3人組美佐BCでホスト行ったり昼間は気に入った客とデ~ト、だから怪しい着信は客かホストの営業電話。
美佐曰く本命は俺なんだって(本当かよ)結婚して落ち着きたいんだと。で結婚前に最後にパァっと遊びたかったんだとよ。
で最後の嘘5月の一週間で遊び収めとして指名してたホストと普通合コンで知り合った男とそれぞれ最後の浮気セックス。
俺は正直真相を知り始めた時は死にてぇと思った。親にも会わせてアパ~ト探して何だったんだよって。

でも人間って良く出来ててここまで追い詰められると自己防衛が働くのな。最後のほうは話聞いてて勃起してやんの。苦痛が快楽に変わってんだよ。
M-1の漫才師じゃないけど浮気の向う側が見えたんだろうな。美佐とは友人関係に戻り遊びたければ我慢せず遊べよって言ってその後1年近く美佐とは会ってたけど単なるセフレ、美佐は彼女面してたけど。浮気のこと思い出して鬱勃起するたび美佐を抱いてた。

今はもう関係を切って俺は違う恋愛をしてる。でも今でもSEXの時は抱いてる女が他の男にやられてるところを想像して逝ってる。

タグ:乱交/彼女/浮気/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:立ちバックで犯した人妻との不倫エロ告白話



続きを見る

記事名:初3Pで気持ち良い濃厚フェラチオ乱交エロ体験談



続きを見る

記事名:会社の二十歳の若妻に中出しセックスする不倫体験話



続きを見る

記事名:職場で寝取られた妻の人妻不倫エロ小説



続きを見る

記事名:パートの人妻の気持ち良いフェラチオ浮気告白話



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ話の詰め合わせ 桃色箱 --> 結婚前の後輩OLに中出しセックス告白話