OLが年上の天然男と浮気エッチ体験談

OLが年上の天然男と浮気エッチ体験談 エロ話の詰め合わせ 桃色箱


PC/携帯でもエロ話が読めるエロバナまとめブログ


エロ話の詰め合わせ 桃色箱 --> OLが年上の天然男と浮気エッチ体験談





記事No.1616:日付(2017-06-17)
カテゴリ:エロ話

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

仕事先の人から猛アタックされて、ものすごくしつこいから一回だけ付き合おうと思ってデートしたら、流れでセックスまでしてしまった。

彼氏いること知られてるし、あんまり貪欲に行くと引かれるかと思って、なるべく拒否する方向でいたけど、彼氏は淡白で最近エッチないし、正直すごく期待してた。

大きくて分厚い手で胸を揉まれて、乳首をつまんでひねるように愛撫されて、しつこく舐めまわされて、 反応しちゃいけないと思ってるのに身体が跳ねるようにピクピク動いて、彼が止まらなくなってしまった。
嫌、嫌って言ったけど、ホントはすごく気持ちよくて、もっと触ってって思ってた。

荒々しく裸にされて、あそこを舐められた。

あんまり舐められたことないから思わず声が出てしまって、そこからはすごい声で喘いでしまった。

指で中を擦られながら舐めてもらうのは、すごく気持ちよかった。

もともと濡れやすいんだけど、お尻の割れ目を伝ってシーツも濡れてた。

もう我慢できない・・・って彼がつぶやきながら入ってきて、すごく大きい!中が全部埋まって苦しいくらい。

動くと奥に当たって、むしろ痛い!でも、すごい充足感・・・こういうの大好き。

コンドームがなくて、結局3回くらい動いたところで私が泣いて止めてって頼んだら、我に返ったみたいに飛びのいて、ごめん、ごめんって小さくなってつぶやいてた。

ちょっとかわいそう、、、と思ったけど聞いてない振りをした。

しばらく離れてじっとしてたら、寝息が聞こえてきて、ときどき「ごめん。」って寝言で言ってるのが聞こえて、反省してるのかなぁ・・・とか思いながら、全然寝られなかった。

明日からどういう風に接したらいいんだろうとか、仕事先の人とかにバレたら困るなぁ、とか考えて。

次の日の朝、突然目を覚ました彼が、また抱きついてきて、しばらく腕とかを揉んでたけど、浴衣の上から胸をなで始めて、乳首が立ってきたあたりでまた始まった。

もう嫌だぁ、って言ったけど下は濡れてるし、息は乱れてくるし、全然説得力がなかったと思う。

結局また最後までしないまま、彼はお預け状態で終了。

後日彼とメールしてたら、近くに来てるから会いたい、と言われて、またのこのこ出かけた。

車でしばらく話してて、「感じやすいんだね」とか、「夜になると好きな人に触れたくなるのは自然だ」とか「言い方は悪いけど○○ちゃんのこと食べたい、全部食べてないから・・・」とか、コンドームを出して言われた。

私も気持ちよくしてもらってばっかりでお返しもしたかったし、もっといろいろしてもらいたかったから、 何も言わずに髪の毛を触ったり、耳をなぞったりしてた。

車の中でするのはちょっと怖かったけど、彼が「固くなってしまった」と言って手で扱うように導かれて、しばらく触った。

先のほうは少し濡れてたし、パンツもだいぶ湿ってた。

お互いしばらく愛撫しあった後、ゴムのつけ方がわからない、って子供みたいに言いながらちょっと時間かけてつけて、今度はそのまま挿入された。

半分くらい入ったところでもう気持ちよくなってしまって、すごい、すごいってうわ言みたいにつぶやいて、されるままになった。

正常位なのに、奥にガンガンあたる。

バックでしたら壊されそう・・・とか思いながら何回もイッた。

彼はゴムしてるからイくタイミングがつかめないらしく、延々突かれてあそこはぐちゅぐちゅ音を立てていて、すごく恥ずかしかった。

結局彼は1回離れて、「ゴムしてたらイケない・・・手でして欲しい」って言うので、してあげた。

でもあんまり上手じゃないし、乾いてるから亀頭の辺りを触ると痛いみたいだし、むずかしかった。

たくさん唾を垂らしてすべりをよくして、手をグーにしたまま先から滑らせるように動かすと気持ちいいらしく、腕が痛くなるまでしばらく頑張ったけどいかなくて、次は口でした。

大きくて全部口に含むことはできなかったけど、亀頭を口の上の面に当てるようにしながら、口中を唾でいっぱいにして、ぐちゅぐちゅ音させながらしてたら、「いい、いい、、、」ってつぶやいてて、興奮してた。

しばらく頑張ってあごが痛くなってきたので、座ってる彼に覆いかぶさるようにしてそのまま挿入。

大きいから自分でちょっと動いただけでもいろんなとこに当たってすごく気持ちいい。

車が揺れるのもお構いなしで上で腰を振った。

交代して彼が上になって、ちょっとしてから彼が「いくっ!いくっ!・・・」って派手にイッた。

こんな激しい人初めて見たかもw ゼェゼェ言いながら、丸出しでうとうとしだしたので、パンツとズボンを履かせて、放置。

寝言言いながら寝てた。

すごい年上なのに、おバカでおもしろい。

一般常識はあるんだけど、変な人。

恋人になるのか、セフレになるのか発展途上の関係です。

タグ:OL/浮気/年上/エッチ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:初体験エッチがレイプだったギャルのレイプ告白話



続きを見る

記事名:仲居の熟女との濃厚セックス告白話



続きを見る

記事名:セフレとの初アナルセックス浮気エロ体験小説



続きを見る

記事名:浮気してた母を襲った人妻エロ体験話



続きを見る

記事名:Fカップ巨乳の義妹に中出しセックス不倫エロ体験話



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ話の詰め合わせ 桃色箱 --> ナンパした貧乳娘とカーセックス告白体験談