妻を寝取られた人妻不倫エロ体験小説

妻を寝取られた人妻不倫エロ体験小説 エロ話の詰め合わせ 桃色箱


PC/携帯でもエロ話が読めるエロバナまとめブログ


エロ話の詰め合わせ 桃色箱 --> 妻を寝取られた人妻不倫エロ体験小説





記事No.1586:日付(2017-05-06)
カテゴリ:エロ話

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

私は32歳の妻に裏切られ、離婚しました。
信じていた身近な人間に裏切られるのは辛いですね。
私が元妻にされた仕打ち…元妻との離婚に至るまで。
結婚して8年、まあ、普通の夫婦だったと思います。子宝にも恵まれて、両家の家族とも良好な関係でした。

夫婦の営みと言えば、私も妻もお互いしかしらなかったのでごく普通のセックスだったと思いますし、私自身、セックスは子作りの為…と思っておりました。

思えばそれが、妻(元妻)の浮気の根本だったのかもしれません。

ありがちなのかどうなのか、わかりませんが、元妻のTは趣味で始めたフィットネスクラブのインストラクターの若い男の虜になってしまい家庭を捨てました。

Tは完全にその男のいいなりで、こともあろうに、情事の様子を撮影したDVDを私が観るように仕向け、浮気をばらし、悪びれもせず、離婚届を置いて出ていきました。

まだ5歳の娘も置いて…

ただ…正直申しまして、DVDを観て興奮し、元妻に性的に満たしてやれなかったことは反省しなければなりません。

夫婦といえども、所詮は赤の他人。

ただ愛しているだけではダメだということでしょうか?

その日、私は休み、Tはフィットネスクラブ、娘は保育園で、娘のお迎えは私がすることになっていました。

何もすることがない私は、妻が観ている映画のDVDを観ることにしたのですが、DVDの中にレーベルのない白のDVDがありました。

妻(実際のところは浮気相手の指示でしょうが)の仕込んだものです。

その時は、妻が娘を撮影したモノだろうと思い、観てみることにしました。

始めに記しておきますが、DVDは明らかに私に見せつけるために撮影したモノで、Tと浮気相手(K)以外の何者かが撮影者です。

恐らく、Kの知人でしょう。

ご丁寧に実況していました。

日付は、Tがフィットネスクラブに通いはじめて2ヶ月くらい経った頃。

フィットネスクラブに向かうところから始まる映像。

浮気相手のインストラクター指導のもと、フィットネスに励む元妻のT。

ロッカールーム…激しく口づけを交わす…

「奥さんはすっかり、Kの虜になったのだ!」

ふざけた口調で入る台詞。

そのあと、ブラックアウトした画面にTがKというインストラクターの虜になった経緯が字幕で流れる。

結局のところ、若く逞しいしかもイケメンに口説かれ、逆上せたTは一度だけならと、Kに身体を許した結果、

初めてオンナの悦びを味あわされ、二度、三度と抱かれるうちに、虜になってしまったらしい。

映像は徐々に、ホテルの一室らしき場所に切り替わる。

バスタオル姿の今まで見たことのない妖艶な雰囲気のT。

「本当に撮るのぉ?」

「俺は黒子でーす。いないものだと思ってくださいよぉ?奥さん」

「そんなこといっても…恥ずかしいわ」

「今さらでしょ?ほら、出てきたよ、奥さん」

Kがやはりバスタオルを巻いて現れ、にやけながら、カメラに寄っていく。

「しっかり撮れよー?黒子」

「任せなさい!」

二人は激しく口づけをしながら、バスタオルを取り去ると、妻は…したことのない筈のフェラチオを始めた。

撮影者が、やはりご丁寧に解説を入れる。

「何も知らなかった初な人妻Tはフェラチオを覚えました。ヒッヒッヒッ」

Kのぺニスは、少なくとも私より立派なモノでした。

DVDを見はじめて、驚き、怒り、悲しみの他に、見たことのない元妻の痴態に興奮している私がいました。

若く逞しい男と元妻の激しいセックス。

様々な体位で悦びの声をあげるT。

AVも殆ど観ていなかった私にはあまりに衝撃的で、思わずぺニスをしごいていました。

「そろそろイクよー!奥さん」

バックで激しく突かれるTが一際声を張り上げ、仰け反りました。

「イク事も知らなかった奥様は立派にイキましたねぇ」

うつ伏せで痙攣しているT。

その後、二度、三度と交わり、道具も駆使されていました。

やがて、映像の中の元妻が私が観ている前提で、私と別れてKと一緒になると宣言。

慰謝料でも何でも払うし、子供も私に預けると…

なんという仕打ちでしょうか…

一体私が何をしたというのでしょうか?

元妻の両親にはDVDの事は伏せて、Tの浮気で離婚することにしたと報告。

驚き、土下座して詫びる両親が不憫でしたが、しかたありません。

娘の為、大事にしないようにしました。慰謝料もなし。

但し、娘には二度と金輪際会わせない約束をさせました。

躊躇わず承諾したTに心底失望しました。こんなにも変わってしまうものなのか…

私は何となくですが、Tと男は長くは続かないと感じていました。

あんな酷い仕打ちをする輩とうまくいくとは思えません。

最近、娘が元妻に会いたいと言っている…辛いですが、会わせる訳にはいきません。

タグ:人妻/寝取られ/不倫/エッチ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:濡れ過ぎる淫乱女の濃厚セックス告白体験談



続きを見る

記事名:バスの中で人妻にイタズラ不倫エロ体験話



続きを見る

記事名:フェラの上手い人妻との不倫エッチ告白話



続きを見る

記事名:OL姉との最高のセックス浮気エロ告白体験談



続きを見る

記事名:ぽっちゃり巨乳人妻を寝取ったエッチ体験談



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ話の詰め合わせ 桃色箱 --> 四十路バツイチと野外中出しセックス体験話