勢いで従妹とセックスした近親相姦エロ体験小説

勢いで従妹とセックスした近親相姦エロ体験小説 エロ話の詰め合わせ 桃色箱


PC/携帯でもエロ話が読めるエロバナまとめブログ


エロ話の詰め合わせ 桃色箱 --> 勢いで従妹とセックスした近親相姦エロ体験小説





記事No.1442:日付(2016-12-22)
カテゴリ:エロ話

↓スマホアプリで読むならこちら
⇒スマホで読む
↓WEBでそのまま読むならこちら

これは墓場まで持って行かなきゃいかんと思ってる事。
初めて従妹と関係を持ってしまったのは、俺が26で従妹が24の時。
都内で親戚の結婚式があり、酒の勢いと共にヤッちゃったんです。
親たちは親たちで呑んでて、俺や従姉妹達は子供連中だけで呑んでまして、俺・従姉妹・従兄の4人で店を変えてまた呑み、最終的に俺の部屋に従姉妹が泊まって、従姉が爆睡してる最中に従妹とヤッちゃったって感じ。

なんだかややこしいので名前つけておきます。
俺:N 従姉:A 従妹:B
2人とも実家暮らし。
俺は働き始めて都内の叔父所有マンションで1人暮らし。

部屋に来て軽く物色され、酒盛りが始まった。
だけどAはあんまり酒に強くないから途中でダウン。
担いでベッドに寝かせてから、Bとサシ呑み。
伯父さん譲りなのかBは酒に強く、呑むとかなり陽気になるみたい。
普段じゃ絶対言わない話も簡単に答えてくるので、暇潰しに歴代の彼氏話を聞いてやった。そしたらこれがまたビックリの連続。

今まで付き合ってきた男の人数は約30人近くらしい。
最短で4日ってのもカウントしてるらしいが、正直細かい数字は分からんと言ってた。

「じゃ~軽く50人ぐらいとヤッてんのか?」と聞いたら
「逆にそれは無い!」と自慢げ。

従兄の俺が言うのもあれだが、この姉妹は普通に可愛いレベル。
昔はAの方がモテまくりだったが、成長するとBの方がモテるようになっていった。

しょせん男って身体目当てだよねってよく言ってたけど、Bの方が巨乳でスタイルが良い。
だからちょっと谷間見せて露出度を上げると、合コンとかでホイホイ男が寄ってくるらしい。俺から見てもイイ女なので、貢いでもらったと言われても不思議じゃなかった。

「実際は10人もいないんだなぁ~これが」
Bは付き合っておきながらセックスはせず、ただ貢いでもらったりしてたって自慢してた。
段々ムカついてきた俺は「経験人数多いヤツって下手なんだよな」ってイジワル言ってやった。
そしたら「アタシは絶対上手い」とか「名器だねって言われる」とか言い出す始末。

「はいはい。。」って呆れて聞いてるとエスカレートしやがって、ほらっ!凄いでしょ!とシャツのボタンを開け始めたんですよ。

「やめろって」と言ったが、巨乳なの知ってたので思わず目が釘付け。
男を惑わす仕草知ってんだなぁ~って思った。
前のボタンをヘソ辺りまで外して、10cmぐらい前が開いてる状態。
胸の谷間とかだけ見えて、かなりエロ過ぎる。

ドヤ顔してやがるから「たいした事ねーじゃん」とまたイジワル。
「なんだとぉ?」とムキになり始め、バサッとシャツ脱いでブラ姿に。

思わず「おぅ・・」と声が出そうになったぐらいスタイルがイイ。
薄っすら肉が乗ってるんだけど、クビレも綺麗で肌は真っ白。
寄せて上げてるとは思ったが、F以上はありそうな巨乳が白いブラで覆われてた。

「どうよ?」とまたもやドヤ顔するもんだから、「分かったから服着ろよ」と流してやった。

「ったくNはムカつくなぁ」と俺の横にやってきて、肩に肘を乗せて絡んできやがった。

正直この時点で俺の愚息は勃起しまくり。
バレたら何言われるか分からないから、腰を引いて隠しつつ絡み酒に付き合ってた。
酔っててユラユラ揺れるから、時々巨乳が腕にムニっと当たるし軽く地獄だった。

んで「おぉぃっ!!」って体を揺す振られた時、不覚にも後方に倒れ掛かっちゃったんです。
すぐに両手を付いたから倒れなかったけど、下半身がもうモロバレ。
あっ!と思ってすぐに起き上ったけど後の祭りでした。

「んおぉ?なんだぁ?これはぁ??」
Bは目敏く勃起した股間をみつけ、あり得ないんだけどグワッと握ってきやがったんです。

「おぃっ!ヤメろよ!バカ!」
「アタシの体見てこんなにしてやがったのか!Nは!」

「うるせーよ!お前早く寝ろよ」
「興奮してたって白状しろ」

「してねーよ、うるせーなぁ」
「コイツは硬くなってるくせに何言ってんのぉ?」

「分かった分かった、興奮してやよ。これで良いのか?」

Bはガッツリ愚息を握っていて、しかも喋るたびに軽く上下に擦ってきやがる。
ちょっと気持ち良くなってきたので、俺は慌てて手をどかそうとした。

そしたらこの女、酔ってるせいか楽しくなったらしく、無理やりにでも握ろうとしてくる。
やめろって!と腕を抑えて何とか制止したが、力で勝てなかった悔しさを違う事で晴らそうとしてきた。

「じゃー今度はNが脱いで見せなさいよ!」
「はぁ?何でだよ、お前は勝手に脱いだんだろ?アホか」

「その体見て興奮したんだから、アタシも興奮させろ!」
「意味分からん事言うなよ、絡まないでもう寝てろよ」

「見せろよぉ!じゃないとお姉ちゃん起こすぞ!」

もう子供の喧嘩状態です。
Bが上半身ブラ姿なので、Aが起きたら何を言われるか。
こいつらはあと2日間はこっちにいるし、親戚にも会いまくるからたまったもんじゃない。

もういいやって思って「俺もトランクスの上からだからな」と脱ぐ事にした。
この言い合いで少しだけ勃起もおさまって来てたから、今がチャンスと思ってボクサーパンツ姿になってやった。

Bの前に仁王立ちしてやったら「ほぉ~~~」と口を軽く尖らせて股間をガン見。
しかも次の瞬間何の躊躇も無く手を伸ばしてきやがって、半勃起中の愚息を掴んできやがった。

「何触ってんだよ!」と焦った俺は勢い良く腰を引いたが、ニヤニヤしながら手を離さないB。
当然のようにボクサーパンツはビローンと伸びるわけです。
愚息が丸見えになりそうだったから、慌てて戻ってBの手を掴んだ。

文句を言い掛けた時、Bが「あれっ?!」って顔してた。
「いつまで触ってんだよ、離せよ!」俺は強引に手を掴んで引き離した。

ふざけんなよ・・とスエットをあげたが、Bは従妹とは思えない事を言い出した。

「Nのって・・・おっきくない?それが普通?」
「あ?んまぁ・・ちょっとはデカいかもしれないけど」

「だってさぁ~~まだ途中でしょ?それって」
「ま~な・・って何考えてんだよ」

「だって今まで見てきたのと大きさが違うから・・」
「そりゃーお前が今まで小さいヤツと付き合ってきたからだろ」

「そっかなぁ・・ねぇ?ちょっと見せて?」
「はぁ??何言ってんだ?無理だよ無理!アホか!」

「良いじゃんかぁ~ねっ?お願い!」
「ダメ、それは絶対無理」

いつものように口を尖らせて、少し拗ねたような表情をしているB。
相変わらず可愛いので、この表情で男は騙されるんだろうなって思ってた。
でも見せれるもんじゃないのでガンと引かない俺を見て、「分かったよっ!」といきなり後ろを向いたB。

手がブラのホックに掛ったので、何してんだよ!と言おうとした瞬間、「じゃーん!」振り返ったB。

ブラのホックが外れて肩ヒモが両腕に垂れ下がった状態。
焦って何も言えなかったけど、目の前には完全に丸見えになってるBの巨乳があった。
釣鐘型のボリュームのある巨乳で、真っ白い乳房に薄らピンクの乳輪。
今まで付き合ってきた彼女たちに、これほどの美乳はいなかった。それぐらい美乳で巨乳だった。

「はい!見たね?今度はNが見せる番!」
「お前勝手に脱いどいて何抜かしてんだよ」

「だって見てんじゃん!ほらぁ~今もチラチラ見てんじゃーん」
「そりゃ目の前で脱がれたら誰でも見るだろ」

「諦めなさいよ!お姉ちゃん起こすぞ!」
「お前マジで最悪・・何なんだよ・・・」

もうこの状況は後戻りできないので、仕方なく俺はスエットを脱ぎ、ボクサーパンツも下げた。
目の前で揺れる美巨乳に素直に反応してた愚息。80%ぐらいの勃起状態だった。

それを見てBは「えぇぇーーーーっ」と驚いた表情でガン見。
「もういいか?」とパンツを穿こうとすると「なんでぇーなんでこんなおっきいのぉー」とまた口を尖らす。

確かに俺の愚息は小さくは無い。フル勃起だと16cmぐらいあるから大きい部類だとは思う。
でもそこまで珍しい大きさでもないと思ってたから、ここはチャンスとばかりに俺が攻めに転じた。

「だから今までの男が小さかったんだって言ったろ?」
「つーか何これー!こんなの痛いだけじゃん」

「まっ・・お子ちゃまには分からんよ」
「なんだとぉー!」

「実はまだこれフル勃起じゃないしな」
「マジでっ?ウソでしょ・・」

急にシュンとなったり強気な顔になったりするBを見て、内心良い感じだった。
冷静になって考えれば、上半身裸の巨乳女の前で勃起した愚息を出してるってのはアホ過ぎる。
でもその時はやっとBを攻撃できるって有頂天だったんだよね。
わざと目の前で愚息をブルンブルン震わせたりして。

「もうムカつくっ!!」といきなり揺らしてた愚息を掴んできたB。
「いてぇっ!!」と腰を引いた俺を後ろに押してくるから、そのままの勢いで後ろにあるソファーに尻餅付いた。

「いってぇぇ・・」と言った矢先にBはまた愚息を握ってきて、猛烈な勢いで手コキを始めた。

慌てて手を持って動かそうとするのを阻止したけど、痛いぐらい握ってて離そうともしない。
「ムカつくぅー!!!」と無我夢中で手コキしまくるもんだから、情ながら気持ち良くなってしまいました。

「マジやめろっ!ちょっっ・・やめろって!」
「デカいのぶら下げやがってぇ――!」

何なんだコイツはって思いながらも、手コキの良さにがじんわりと下半身に走り始めてた。
マズイ、これはかなりマズイ、油断してたらこのまま出ちゃうかもしれない。
そう思った俺は何とか手を引き離そうと、Bの巨乳を鷲掴みにした。
その瞬間「んやぁんっ」と今まで聞いた事の無い女のやらしい声が聞こえた。
えっ?と唖然とした俺にマズイ!という表情のB。

「なに勝手に触ってんだよぉーー!!」
一瞬の間をおいてまた激しく手コキし始めるB。
でも俺にはさっきの巨乳を揉んだ感触と、女としてのやらしいBが脳裏に焼き付いてしまった。

もう無理だ・・ふざけたって事でいっちゃえ!と、俺はまた巨乳を掴んだ。
今度は遠慮する事無く両手で両方の巨乳をそれぞれ鷲掴みにしてやった。

さっきとは違っていたのは、明らかに手の平に硬くコリコリになった乳首の感触があった事。
「このぉぉー!!」と俺を見上げて激しく手コキするBの顔が、どう見ても女の艶っぽい顔になってた。

こうなったらどっちが先に諦めるかだと思い、好き勝手に巨乳を揉みまくった。
それでもヤメ無いので、今度は両方の乳首を摘まんでコリコリしてやった。

クリクリクリッとした時、やっと手コキのスピードが落ちた。
明らかに感じ始めてるBを見て俺も興奮してしまった。
下を向いたまま「んっ・・んっ・・・」と声を必死に我慢してたっぽい。
だたの男になった俺は、執拗に乳首を刺激し始めた。

Bの体が時々くねったりビクッと動いたりする様を見て、完全に俺は我を忘れてた。
「んあぁっ」と溜息交じりの喘ぎ声をBが発し、俺の方を妖艶な目で見上げてきた。
この瞬間何かが頭の中で弾けたように思う。

思わずBを抱き寄せ、そのままキスをしてしまった。
「うっっ!」と焦ったのか拒否ったのか分からんような声を出してたけど、自主的に口が開いて舌が絡んできた。
そのまま体勢を入れ替えてソファーに座らせて、激しく舌を絡めあうキスをしてしまった。

Bの手が今度は優しく愚息を触り始めたから、お返しにと俺は乳首をクリクリ触りまくり。

後に分かったんだけど、Bは実はかなりの敏感体質。
乳首を摘ままれただけでも「あひっ」と声が出るほどの敏感な女です。
だからその時俺に乳首攻められて、必死に声を堪えながら舌を絡めてたんだと思う。

10分以上キスしてた。
どちらからともなく唇を離すと、至近距離で見るBが普通のエロい女にしか見えなかった。

「あぁぁ~~もうヤバいよぉ~もぅ・・」
「ヤバいついでに乳首舐めとくか」

ギャグのつもりで俺は乳首に吸い付いたが、敏感なBにはギャグでは終わらなかった。
「はぁんっっ」と完全に喘ぎ声を出しちゃって、しかも俺の頭をしっかり抱きしめてる。

調子に乗った俺は問答無用の乳首舐めに徹した。
下から持ち上げる様に乳房を揉み、乳首を舌先で転がしたりチュパチュパ吸ったり。
完全に喘ぎ始めたBに我慢の限界になってきた俺は、とうとう禁断の下半身に手を伸ばしてしまった。

ヒザ丈よりちょい短いフレアーな結婚式用の服を着ていたので、簡単に太ももを触る事が出来た。
触った瞬間また「ふぁぁっんっ」と喘ぐ。
網タイ履いてたんだけど、アソコに手が到達した時、ベッチョベチョに濡れまくってるのが分かった。

漏らしてるんじゃないかって思うほど濡れてて、興奮してた俺は従妹なのを忘れて手マン開始。
Bは俺に胸を押し付けて抱き付く様にしながら、必死に喘ぎ声を我慢してる。
我慢しながらも漏れる喘ぎ声が妙にエロかった。

クリを指先で押し潰しながら、小刻みに震わせてみた。
そしたらマジで?って思うぐらいの早漏を見た。

「・・・っっだめっっ・・んくっっ・・」
体が一回硬直したかと思ったら即脱力。そして軽くビクビクッビクビクっと痙攣。
えぇぇぇ・・昇天??と思いながら優しくアソコを撫で回し続けた。

「ちょっと待って・・だめっっ・・まって・・たんま・・」
「お前イクの早くね?もしかして連続でイク?」

「るさいっ!ちょっとマジで待ってっ」
「いや、待たんね、待ってやらねー」

昔からワガママで強気なBが、俺にねだるような顔で見つめてくる。
またキスをすると積極的に舌を絡めてきて、またクリ攻撃を開始してやった。
だめっ!だめっ!と言いながらも体は反応し始めてて、俺の舌をしゃぶりながら2回目の昇天。

さすがに2連続の昇天にはぐったりするらしく、脱力して俺に寄り掛かったまま動かなくなった。

数分間支えてたが、動けるようになったBは自ら下半身の方に移動し始め、無言で俺を何度も見ながらフェラを開始。

この時の罪悪感は今でも忘れられない。
従妹にフェラなんて・・と両親や伯父とか親戚の顔が浮かんだもんな。

Bは丁寧に亀頭を舐め回し、時々俺をチラチラ見上げてくる。
「やっぱりおっきいなぁー」ボソボソそんな事を言ってた。
亀頭をパクリと咥えて本格的にしゃぶり出した時、なぜか冷静になった俺は従姉の存在を思い出した。

Bは何も考えてないらしく、ジュポジュポと音を出しながらしゃぶってる。
これってかなりヤバいよな・・この音ってどう考えても怪しいもんな・・
そう思ったらいてもたってもいられず、Bに「シーッ」と伝えた。
この仕草で思い出したのか焦り顔になり、今度は音を立てないようしゃぶり始めた。

目の前で揺れる美巨乳とBが愚息を咥えてる光景が、とてつもなく俺にはツボだった。
下半身は気持ち良い肉体的な興奮と、ゴチャゴチャな精神的な興奮。

葛藤が頭の中で弾けてしまった俺は、Bを引き寄せて立ち上がらせ、寝室の隣部屋に連れて行った。

そこは何もない部屋で、一応客間として使う程度の部屋。
慌ててクローゼットから3つに折り畳まれてる分厚い敷布を出した。
その上にBを押し倒し、網タイとパンツを脱がせた。

Bはスカートも脱ごうとしてたけどその前に俺が正常位で挿入。
表面は渇いてるのに中は未だにベチョベチョのままだった。
亀頭が入った瞬間にBの体から力が抜け、完全に受け入れ態勢になってた。

今までの男達が小さかったせいか、亀頭より少し入った辺りで「痛い」と言い出すB。
さすがに前戯も短かったし指も入れてないしなと心配したが、今更また手マンする気にもなれず・・
ゆっくり出し入れをして行き、馴れていくのを待ちながら腰を振った。

痛いと言ってから数分後には根元まで入り、もうBは口に手を当てて必死に何かを言ってた。
出し入れをしてる愚息を見たら、白濁色の汁が竿や根元にベッチョリ。
Bのオマ○コはほぼ無毛に近いので、それがまた卑猥過ぎた。

正常位で馴れてからポルチオを刺激し、これが人生初の中イキだったらしい。
イキっぷりがハンパじゃなくて思わず口を押さえつけちゃったけど、軽く絶叫に近い喘ぎ声だった。
しかも背中は反らすし腰はビクビク痙攣するし。

ただその後腰を振り出した俺に、泣きそうな顔で「もうヤメて」って言い出しちゃってさ。
ヤメてと言いつつヤッて欲しい系かと思ったら、本気のヤメてだった。
だから俺はイケずに終了。

狂いそうなほど気持ち良くて怖くなったとか言ってた。
一緒にシャワー浴びて軽くフェラしてもらって、何事も無かったかのように就寝というオチ。

思った以上に長々と書いちゃったんでもう終わりにしますが、今でもBとは肉体関係を続けてる。
あの日をキッカケに都内に遊びに来たりすると必ず泊まりに来て、大絶叫でイカせまくってました。

体を重ねるたびにBは淫乱になっていき、彼氏ができて結婚してからも俺に会いに来ます。
前に従姉のAが怪しんだりもしてたけど、Bの演技にいつも助けられてる。

タグ:/近親相姦/従妹/セックス/エロ/体験談/小説/

その他の関連記事

記事名:可愛い幼馴染とその女の子友達で3Pエッチした不倫体験談



続きを見る

記事名:旅行先で泥酔したOLと3Pエロ小説



続きを見る

記事名:不倫にハマった若妻の浮気エッチ小説



続きを見る

記事名:他の男に調教された妻に興奮不倫エロ告白話



続きを見る

記事名:旦那の寝ている横で見知らぬ男に犯された人妻がその男とセフレとなった不倫小説



続きを見る

↑ PAGE TOP

エロ話の詰め合わせ 桃色箱 --> 三十路の人妻とのセックスW不倫エロ体験小説